ホーム




交通事故被害者家族相談室
 
交通事故の被害者家族が直面する民事賠償問題の解説
Q&A
慰謝料の算定基準等
 
 
 
目 次


民事交通賠償問題
真相解明と知る権利    
書類の準備    
陳述書の重要性    
交通賠償の算定基準    
算定基準と解決方法    
 
 
実践的回答
交通事故の被害者の対立当事者は誰ですか。     
加害者の代行・代理は通常は誰がしているのですか。     
加害者の代行・代理人にはどのように対応すべきですか。     
被害者が法律相談を受けるポイントは何でしょうか。     
賠償請求または解決方法にはどのような方法がありますか。     
交通事故の過失割合は誰が決めるのですか。     
賠償請求額の算定・計算には基準がありますか。     
解決方法と算定基準とは関係がありますか。     
死亡・重傷事案の解決方法・算定基準は何が適切でしょうか。     
自損事故の同乗者の重傷事案    
相手車両が無保険の死亡事案    
交通事故証明書を郵送で入手できますか。    
法律相談に持参すると良い書類は何ですか。    
事故現場や車の写真撮影方法    
交通事故の治療費    
傷害による損害の賠償請求    
死亡による損害の算定方法    
逸失利益の算定方法    
損害賠償請求のできる項目の全部を教えてください。    
損害賠償問題の「被害者」とは誰ですか。    
被害者と加害者の区別    
自賠責保険の被害者請求は何時からできますか。    
裁判基準による損害賠償額の算定は何時からできますか。    
損害賠償請求の適切な時期は何時ですか。    
過失相殺率の十分な検討可能時期    
弁護士に何を依頼したら良いかを相談できますか。    
被害者側の刑事手続対策    
交通事故で受領した損害賠償金に何か課税されますか。    
 
 
メッセージと提言
交通被害家族の方へ《被害者相談》    
交通被害家族の方へ《対立当事者》    
交通被害家族の方へ《特殊事案》    
捜査担当者の方へ《不起訴処分と民事交通賠償》    
示談代行担当者の方へ《立場の明示》    
相談窓口設置者の方へ《相談員の資質の向上と強化》    
相談窓口設置者の方へ《弁護士相談》    
示談屋の方へ《弁護士法違反》    
実務から《自賠責保険と任意保険との関係》    
実務から《交通刑事記録の早期全面開示の要請》    
実務から《交通犯罪被害者保護》    
情報改定《各種算定基準の相違と知る権利》    
情報支援《無保険車傷害条項と裁判基準》    
交通被害家族の方へ《治療費の支払方法》    
捜査担当者の方へ《情報開示のあり方》    
情報開示《任意保険会社の示談基準》    
交通被害相談《支援の必要性》    
交通被害家族の方へ《弁護士相談の時期》    
交通安全課の方へ《街づくりと交通危険マップ》    
判決《金銭賠償の原則と被害者の心情》    
相談窓口設置者の方へ《回答者の選択》    
統計の修正《死亡・重傷事故の解決方法》    
法律相談《各種算定基準の適用場面》    
格差是正《算定基準比較の実践的意味》    
情報《飲酒運転の幇助者責任》    
 
 
損害賠償額算定基準
損害賠償額算定基準の掲載書籍    
交通損害賠償訴訟の基本書    
 
 
任意基準問題
任意保険会社の支払基準《非公表》    
 
 
損害賠償額の算定
損害賠償額の算定(全体)    
死亡慰謝料    
後遺障害慰謝料    
傷害(入通院)慰謝料    
 
 
記録・書類・陳述書
陳述書    
名古屋高等裁判所 平成14(ネ)599    
送付嘱託申立書【不起訴事件記録中の供述調書等】    
後遺障害等級認定通知書    
裁判例【示談契約の解釈と他車運転危険担保特約】    
新・裁判例【女性の逸失利益の算定に全労働者の平均賃金を採用】    
名古屋高等裁判所 平成16(ネ)790    
異議申立書【自賠責保険の後遺障害等級】    
時効中断申請書【自賠責保険の被害者請求】    
送付嘱託に対する回答書【不起訴事件記録中の目撃証人の供述調書等】    
和解調書【訴訟上の和解と判決的和解】    
犯罪被害者保護法に基づく謄写申出書【高等裁判所への申出】    
念書と証明書【重度後遺障害者の自賠責保険の被害者請求と民事訴訟】    
母と姉の陳述書【飲酒運転車両により卒業式前日に死亡した被害者】    
裁判例【女性の逸失利益の算定と技能職による格差是正】    
陳述書 (1)脊髄損傷 (2)あるがままの生活 (3)介護     
厳重な処罰を求める上申書    
陳述書【後遺障害を負った被害者の死亡】    
陳述書【1下肢を足関節以上で失ったもの】    
鑑定申立書【将来介護の必要性】    
上申書【死亡被害者の妻】    
上申書【死亡児童6歳の父親】    
 
 
交通被害相談
交通事故被害者の方へ 無料相談    
津法律事務所    
受任事件と弁護士費用    
 
 
プロフィール
弁護士 喜多正達    
弁護士紹介 - 津法律事務所    
リンク    
 
 
情報の開示
刑事記録等の取り寄せ方法    
裁判文書の書式設定と作成上の注意点    
 
 
法曹コンテンツ
法曹コンテンツ    
 
 
バナー & 画像
    交通事故被害者家族相談室
    津法律事務所
    
目次
目次    
 
 
ホーム
交通事故被害者家族相談室    

損害賠償の算定基準 算定基準と解決方法 被害者支援の必要性 交通事故相談 2003/9〜2010/6 のカウンタ数

 
後遺症と死亡事故につき無料相談を受けています。
 
津法律事務所 弁護士喜多正達
TEL 0120-764-110
 

inserted by FC2 system