ホーム

傷害慰謝料
 
任意基準と裁判基準の比較
 
【任意基準】  任意保険会社が示談で用いる支払基準
【裁判基準】  赤い本青本裁判例判例☆☆☆☆
傷害(入通院)による慰謝料

◎ 裁判基準(損害賠償額算定基準・赤い本)  
(1) 傷害慰謝料については,原則として入通院期間を基礎として別表(下記表の赤字)を使用する。
(2) 傷害の部位,程度によっては,金額を20%〜30%程度増額する。
 
◎ 任意基準(任意保険会社・某社)  
受傷の態様別に下記の金額とする。
軽傷の場合  別表(下記表の黒字)の金額
通常の場合  別表(下記表の黒字)の金額の10%増
重傷の場合  別表(下記表の黒字)の金額の20%増
 
 
 [別表]
  傷害慰謝料
  
    [表の見方] 
    ・ 単位                万円
    ・ 入院のみの場合          入院期間に該当する額
    ・ 通院のみの場合          通院期間に該当する額 
    ・ 入院後に通院があった場合   該当する月数が交差するするところの額
 
比較の実践的意味  
  
 
《次の比較表へ》
損害賠償額・全体  
死亡慰謝料  
後遺障害慰謝料  
傷害慰謝料  
ホーム
目次 - 交通事故被害者家族相談室


津法律事務所 弁護士喜多正達
TEL 0120-764-110
 
2015/10/26 更新
2006/03/27  UP
 
 

inserted by FC2 system