ホーム
 
 
実践的回答

1 交通事故の被害者の対立当事者は誰ですか。
2 加害者の代行・代理は通常は誰がしているのですか。
3 加害者の代行・代理人にはどのように対応すべきですか。
4 被害者が法律相談を受けるポイントは何でしょうか。
5 賠償請求または解決方法にはどのような方法がありますか。
6 交通事故の過失割合は誰が決めるのですか。
7 賠償請求額の算定・計算には基準がありますか。
8 解決方法と算定基準とは関係がありますか。
9 死亡・重傷事案の解決方法は何が適切でしょうか。
10 自損事故の同乗者の重傷事案
11 相手車両が無保険の死亡事案
12 交通事故証明書を郵送で入手できますか。
13 法律相談に持参すると良い書類は何ですか。
14 事故現場や車の写真撮影方法
15 交通事故の治療費
16 傷害による損害の賠償請求
17 死亡による損害の算定方法
18 逸失利益の算定方法
19 損害賠償請求のできる項目の全部を教えてください。
20 損害賠償問題の「被害者」とは誰ですか。
21 被害者と加害者の区別
22 自賠責保険の被害者請求は何時からできますか。
23 裁判基準による損害賠償額の算定は何時からできますか。
24 損害賠償請求の適切な時期は何時ですか。
25 過失相殺率の十分な検討可能時期
26 弁護士に何を依頼したら良いかを相談できますか。
27 被害者側の刑事手続対策
28 交通事故で受領した損害賠償金に何か課税されますか。

ホーム
目次 - 交通事故被害者家族相談室

津法律事務所 弁護士喜多正達
TEL 0120-764-110
 
 
更新 2010/11/25
UP 2003/10/27
 
inserted by FC2 system