ホーム
 
 

前へ 目次 次へ

 [20]   損害賠償問題の「被害者」とは誰ですか。
 
《回答》
「被害者」とは,傷害事故については,原則として傷害を負った被害者本人です。死亡事故については,配偶者,子,直系尊属,兄弟姉妹等の相続人および胎児などです。
 
 
(備考) 相続人及び法定相続分
 
【子と配偶者が相続人の場合】 
子2分の1,配偶者2分の1。
配偶者が死亡している場合は子が全部相続。
【父母と配偶者が相続人の場合】 
配偶者3分の2,父母3分の1。
配偶者が死亡している場合は父母が全部相続。
【兄弟姉妹と配偶者が相続人の場合】
配偶者4分の3,兄弟姉妹4分の1。
配偶者が死亡している場合は兄弟姉妹が全部相続。
※子供がいなくて,親,兄弟(甥,姪)もいない場合は,配偶者のみが全部相続。
 

ホーム
目次 - 交通事故被害者家族相談室



津法律事務所 弁護士喜多正達
TEL 0120-764-110

inserted by FC2 system