ホーム


15    捜査担当者の方へ《情報開示のあり方》
 
 
 交通事故の記録を当事者に早期開示することは必要不可欠です。
 被害者にとっては,知る権利の実現です。交通賠償の証拠保全です。
 加害者にとっては,刑事手続における適正手続の権利です。裁判を受ける権利です。
 当事者双方の憲法的権利です。現場における規制緩和の法運用が必要です。
 
2003/11/11

前へ 目次 次へ

ホーム
目次 - 交通事故被害者家族相談室

津法律事務所 弁護士喜多正達
TEL 0120-764-110

inserted by FC2 system